鳥害から住まいを守る|蜂の巣が再発しないように専門業者に退治してもらいましょう
レディ

蜂の巣が再発しないように専門業者に退治してもらいましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥害から住まいを守る

鳩

ベランダは巣作りに最適

鳩は神社や公園などでしばしば大群を見かけるように、人工的な都市環境の中でも生きていくすべを知っています。与えられたエサをいっしんについばんでいる姿を見ていると、人間とうまく共存しながら生活しているように思われます。ただ、そんな鳩も時には人間に害をもたらす存在となることがあります。鳩は大自然の中では外敵から見つからないように岩陰などに巣を作りますが、都会で格好の営巣場所となるのがマンションのベランダです。鳩の棲みかとなったベランダは糞で汚され、ダニやゴキブリなどの発生源となります。また、クリプトコックス症などの恐ろしい細菌感染症を媒介することがあります。こうした被害を避けるには、早めに対策を講じる必要があります。

こまめな掃除が何より重要

ベランダの鳩対策で一番大事なことは、糞などを見かけたらこまめに掃除することです。鳩は同じ場所に何度も戻って来たがる性質を持っており、自らの糞は「戻っても安全な場所」の目印となります。そのため、糞をすぐに取り除くことで、人間が監視していることを知らせてやる必要があるのです。次に、使わなくなった家具などをベランダに積み上げている時は、すぐに片付けるようにします。鳩にとって「安全な物陰」を作らないことは営巣させないための重要な対策となります。それでも鳩が寄って来る時は、忌避剤や防鳥ネットなどの市販の鳩対策グッズを利用します。手すりに留まらないようにスパイクを植えるのも効果が高いとして人気があります。本格的な工事が必要な場合は専門業者に依頼するようにします。