蜂の巣が再発しないように専門業者に退治してもらいましょう
駆除業者

蜂の巣が再発しないように専門業者に退治してもらいましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

害獣を退治してくれる業者

ネズミ

家中に発生したネズミを一匹残らず退治するには、害獣駆除に依頼するのが得策です。人気の高い害獣駆除業では、費用が安定しており、無料で見積もりも行なってくれるため、、安心してネズミの退治を依頼できます。

Read

業者に頼む蜂の駆除

蜂の巣

刺されないための工夫

蜂に刺される被害が最も多いのは8月から10月になっています。この頃は蜂の巣が最大になって繁殖が最盛期に当たります。繁殖期の蜂は蜂の巣に近づくもの全てに攻撃的になり、不意に近づいてしまい、刺されてしまうことも多々あります。庭木の手入れや剪定作業を行うときには、蜂の巣がないことを確認して、念のため白などの薄い色の服で全身を覆って作業をすると良いでしょう。蜂に刺されないためには、蜂を刺激しないことが大切です。蜂を見つけたからといって、棒を持って退治したり、蜂の巣をたたき落としたりすると逆に蜂を興奮させて攻撃されてしまいます。蜂の巣を見つけた時には、ゆっくりとその場を立ち去って、蜂の巣の大きさや種類を確認して、自分で退治しようとはせずに専門の駆除業者に連絡して作業を依頼して下さい。

業者選びのポイント

蜂の巣の退治は、個人で行うことは危険性があることと再発性があることで、専門の駆除業者に任せることが無難です。自宅に来てくれる業者は1社ということはなく、複数あることがほとんどです。身内にそのような業者がいれば良いのですが、業者を選択する必要があるときには、ネットで一括見積もりサイトを使うと何回も連絡する必要がなく手間を軽減することができます。見積もり金額だけで退治してもらう業者を決めるのではなく、作業内容もきちんと確認してから作業をしてもらう業者を選ぶようにしましょう。蜂の巣は日数が経過すればより大型化して個体数も増加します。そのため、日数が経過するほど危険な目にある確率が高くなるため、早急に作業をしてもらえるようにしてください。

南京虫を退治するプロの技

複数の散布機

南京虫とも呼ばれるトコジラミは、日本では1970年代以降ほとんど見られなくなったと言われています。刺されると強烈な痒みを生じるこの害虫は、中古家具の輸入等で国内に持ち込まれる場合も出てきました。南京虫駆除を専門業者に依頼すれば、薬剤に耐性を持つスーパー南京虫も加熱乾燥車などを使って退治してくれます。

Read

鳥害から住まいを守る

鳩

都会の鳩はマンションのベランダなどを格好の棲みかと見て巣を作り、卵を生んだりします。すると付近が糞で汚され、害虫や細菌の繁殖を引き起こすおそれがあります。これを避けるには、こまめな掃除を欠かさない、侵入防止グッズを設置するなどの対策が必要となります。

Read